すべての道は鎌倉に通ず

「鎌倉殿の13人」ゆかりの地をめぐるブログ

【源頼朝・北条義時ゆかりの地】法華堂跡(源頼朝墓・北条義時墓)(鎌倉市)

こんにちは、よたろうです。

今回は鎌倉市にある、法華堂跡(源頼朝墓・北条義時墓)を紹介します。

データ

www.city.kamakura.kanagawa.jp

初代鎌倉殿と二代執権の墳墓堂跡

建久9年(1198年)、相模川に架かる橋の落成供養の帰途の落馬によって翌年に命を落とした源頼朝。その落馬の原因は源義経源行家らの亡霊に驚いたとも、糖尿病等の病気を患ったことによるものとも伝わっているようです。

kamakura13.hatenablog.com

その源頼朝の墓とされる石塔が、かつての大倉御所の裏手にある小高い丘の中腹にあります。

石段の手前にある案内板

石塔のある平場へ至る石段を登ると…

源頼朝の墓

ここには頼朝の墳墓堂である法華堂がある場所であると推定されているようですが、今から10年前の平成24年(2012年)、実はこの源頼朝の墓とされる石塔が心無い人物によって一部が破壊されるという痛ましい事件がありました。

www.townnews.co.jp

同年中に修復されたものの、よく見ると今もクッキリと修復の跡が見えます。神奈川県の、いや、日本の宝とも言うべき遺跡に手をかけるような狼藉者が今後二度と現れないことを祈らずにはいられません。。。

さらに、ここから50mほど離れた別の階段を登った先の高台は、北条義時の法華堂であったことが平成17年(2005年)の発掘調査で分かったそうです。

杭と白線で囲われているのが法華堂跡

ちなみに、この北条義時の法華堂跡はスマートフォンアプリ「AR北条義時法華堂」で、実寸大に再現された法華堂の外観や内部の復元CGを見ることができますので、興味のある方はアプリをダウンロードしてお楽しみください。

www.shonan-it.ac.jp

ちなみに、源頼朝の法華堂跡は標高約25.5m、隣地の北条義時の法華堂跡は23.5mであり、この2mの差が両者の主従関係を示していると考えられており、合わせて1つの国指定史跡になっています。

800年以上の時を経た今日のみならず、未来永劫に渡って北条義時は「鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男」として源頼朝と並び称されていくのでしょうね。

アクセス

神奈川県鎌倉市西御門2-5

JR・江ノ電 鎌倉駅から徒歩約20分

【源頼朝・安達盛長ゆかりの地】丹後局供養塔/丹後山神明社(横浜市戸塚区)

こんにちは、よたろうです。

今回は横浜市戸塚区にある、丹後局供養塔と丹後山神明社を紹介します。

データ

島津氏の祖・島津忠久出生の地?

今回の記事で紹介する「丹後局」とは、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で鈴木京香さん演じる後白河法皇の側室の丹後局……ではなく、草笛光子さん演じる比企尼の長女といわれる「丹後内侍」です。

一説には丹後局と丹後内侍は同一人物とみる向きもあり、真実は歴史の彼方のようで調べてもハッキリとしたことは分かりませんでしたが、ここでは丹後局と丹後内侍は別人として話を進めますね。

高さ1mほどの思いのほか小さな石碑

丹後内侍は、源頼朝の流人時代からの側近中の側近である安達盛長の妻であったと言われています。「鎌倉殿の13人」では安達盛長の息子の弥九郎というちょっとぽっちゃりとした子(後の安達景盛)が登場しましたが、この弥九郎の母親が丹後内侍だと考えられているようです。

それを踏まえてこの供養塔の碑文を読むと、なかなか興味深いというか、源頼朝の節操のなさを感じてしまいました。

拡大してご覧ください

ざっくりと読み下すと、源頼朝の愛妾である丹後内侍が懐妊し、それに怒った政子によって鎌倉を追われ、この地の神社でひっそりと男子を出産した……といった内容が書かれています。

そして、この供養塔から5分ほど歩いたところにその神社=丹後山神明社が鎮座しています。

用水路の脇にひっそりと佇む鳥居

この神社で出産したことが書かれています

竹林に佇む小さなお社

ここで生まれたという男子こそが、鎌倉幕府御家人にして島津氏の祖である島津忠久だとされています。

島津忠久源頼朝の推挙によって日向国大隅国薩摩国の3ヶ国に跨る当時の日本の最大の荘園、島津荘の下司職に任命されて九州南部と関わりを持つようになったとのことですが……吾妻鏡をはじめとした当時の史料にはこれらについての記述はないそうで、諸説紛々という感じみたいですね。

しかし、ここで紹介した流れが事実だとすると、源頼朝島津忠久の父であるというのは壮大な歴史ロマンといえるかもしれませんが、その実は側近であり盟友でもある安達盛長の妻を寝取ってもうけた子どもということになるわけで、いかに女癖が悪かったと伝わるとはいえ、源頼朝もたいがいですよねぇ。。。

アクセス

丹後局供養塔】
神奈川県横浜市戸塚区上矢部町1919-1
神奈中バス「上矢部」バス停から徒歩約3分

【丹後山神明社
神奈川県横浜市戸塚区上矢部町1919
神奈中バス「上矢部」バス停から徒歩約3分

【源頼朝ゆかりの地】寒川神社(高座郡寒川町)

こんにちは、よたろうです。

今回は高座郡寒川町の寒川神社を紹介します。

データ

samukawajinjya.jp

万寿の誕生に際して神馬を奉納

寒川神社は全国で唯一の八方除の神社で、源頼朝をはじめ、武田信玄徳川家康の崇敬を集めた相模国の一之宮です。

相模国一之宮・寒川神社

……と、寒川神社の公式サイトに謳われていますが、八方除の守護神を祀っているのって全国でも寒川神社だけだったんですね。小さいころから寒川神社には慣れ親しんでいるせいか、そんなに珍しいものだとは露も知りませんでした。

当ブログの「大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ゆかりの地をめぐる」というコンセプトに沿った話をすると、この寒川神社源頼朝北条政子との間に万寿(後の源頼家)を授かった際に神馬を奉納するなど、鎌倉幕府からの崇敬を受けたそうです。

嫡出の次男である千幡(後の源実朝)が生まれる前には、安産祈願として相模国の数多の神社仏閣に神馬を奉納したとも伝わるようですし、時の為政者にとって子供が生まれるということはそれだけの一大イベントだったのでしょうね。

さて、寒川神社を訪れたこのある方はイメージいただけると思いますが、寒川神社の象徴的なビジュアルといえば三の鳥居と神池橋という太鼓橋です。

正面から見た三の鳥居と神池橋

が、県外のみならず、神奈川県内にお住まいでも一の鳥居・二の鳥居をご覧になったことのない方って少なからずいらっしゃるのでは?と思います。最寄り駅であるJR相模線の宮山駅から寒川神社へ向かう道中では一の鳥居・二の鳥居は通りませんし。

神社から1kmほど離れた場所にある一の鳥居

あまり意識せず通過されがちな二の鳥居

宮山駅からではなく、お隣の寒川駅からが一の鳥居・二の鳥居を経て寒川神社へ至る正規の参道を通れるルートになります。この寒川の地はかつて梶原景時の所領であり、景時の館址等の史跡もありますので、寒川駅からウォーキングがてらこの1kmほどの参道を通ってみるのも一興かと思います。
※距離があるので真夏はおススメしません。というか、やめたほうがいいです。

kamakura13.hatenablog.com

ちなみに、当然ながら寒川神社の社殿にもお参りしてきたのですが……この写真を見て「何か」に気付く方はいらっしゃいますでしょうか。

寒川神社の御社殿

ヒントとして、半年前(2021年12月31日)に撮った写真を掲載しますので比べてみてください。

賽銭投げ入れ用の白布が初詣への臨戦態勢

正解は、この日の社殿にはいつもはあるはずの注連縄が無かったんです。

神職さんに伺ったところ、2年に一度、6月に注連縄の掛け替えが行われるそうで、偶然ですが2年に一度の数日間だけの注連縄の無いレアな姿を拝めたというわけです。
※この2日後には新しい注連縄に掛け替えられたそうです。

www.townnews.co.jp

御祈願に大祓式にお散歩にと、これまでに何度も訪れた寒川神社の「別の顔」を見たようで、何だか得した気分になりました。これもフィールドワークの醍醐味の一つですので、これからも必ず実際に足を運び、自ら写真を撮って記事を書いていこうと思います。

アクセス

神奈川県高座郡寒川町宮山3916
JR相模線 宮山駅から徒歩約10分

【梶原景時ゆかりの地】梶原景時館址(高座郡寒川町)

こんにちは、よたろうです。

今回は高座郡寒川町にある、梶原景時館址を紹介します。

データ

  • 名称:梶原景時館址
  • 訪問日:令和4年6月18日

寒川町観光協会公式WEBサイト

https://www.samukawa-kankou.jp/?p=we-page-entry&spot=140404&cat=23199&pageno=3

「ミスター讒言」梶原景時の所領

治承4年(1180年)の石橋山の合戦で洞窟に隠れ潜んでいた源頼朝を見逃して一命を救い、後に家臣となって頼朝の厚い信任を得た梶原景時。本宅は御所のある鎌倉に構えていましたが、この寒川町の一之宮に与えられた所領に館があったとされています。

現在はこの碑があるのみで館はありません

その館の敷地は南北に約500m、東西に300mほどの広さがあり、東京ドーム約2個分に相当する広大なものであったと考えられています。この碑がある辺りはドームで言えば右中間くらいになるでしょうか(スミマセン、テキトーです)。

おおよそのサイズ感が図示されていました

この碑がある小さな公園には一之宮天満宮の祠がありますが、これは当時の坂東武者としては珍しく和歌を嗜むなどの教養があった梶原景時を称え、里人たちが創建したものと伝わっているそうです。

一之宮天満宮(祭神等は不明)

さらに、ここから2~3分ほど歩いた先の畑の脇には「伝 梶原七士の墓」とされる石仏群があります。

伝 梶原七士の墓

これは、正治2年(1200年)に梶原景時の一族郎党が上洛の途中で討死し、それを一之宮館の留守居役の家臣らが弔った説、また、梶原氏の復権と所領の安堵を鎌倉幕府に願い出たが許されなかった家臣7人がその場で自害したのを祀った説……があるようですが、真相は分かりません。

信じるか信じないかはあなた次第です

また、この石仏群の傍らには「箙(えびら)の梅」で知られる梶原景時の長男・梶原景季レリーフがありました。

ゴジラに出てきたエビラとは無関係です

……と、しれっと "「箙の梅」で知られる" などと書きましたが、恥ずかしながらここを訪れるまで「箙の梅」のことを知りませんでした、ハイ(笑)

えびら‐の‐うめ【箙の梅】

1 寿永3年(1184)の源平生田の森の合戦で、梶原景季が梅の枝を箙に差して戦った故事。神戸の生田神社に遺跡があり、能や浄瑠璃の題材となった。

2 梅の一品種。花は淡紅色で大きく、桃の花に似ている。

デジタル大辞泉「箙の梅」の解説 より引用

箙の梅とは - コトバンク

寒川神社の向かいにある参集殿にも、この「箙の梅」をモチーフとしたねぶたが展示されていました。

「箙の梅」、覚えて帰ってください

このように梶原一族とゆかりの深い寒川町は、今まさに「鎌倉殿の13人」フィーバーの真っ只中で、町のあちこちに「ゆかりの地」であることを示す幟がはためいていました。

寒川町観光協会による「鎌倉殿一の御家人 景時ゆかりの地「寒川」歴史探訪ツアー」が定期的に開催されていますので、ご興味のある方はぜひ参加してみてください。

kamakura13.hatenablog.com

アクセス

神奈川県高座郡寒川町一之宮8-6-6

JR相模線 寒川駅から徒歩約15分

【源義経・武蔵坊弁慶ゆかりの地】二枚橋/鍋ころがし(川崎市麻生区)

こんにちは、よたろうです。

今回は川崎市麻生区にある、二枚橋と鍋ころがしを紹介します。

データ

  • 名称:二枚橋/鍋ころがし
  • 訪問日:令和4年6月12日

義経・弁慶一行の足跡

別の記事で、川崎市麻生区にある「九郎明神社」を紹介しましたが、この九郎明神社へ至る途中で源義経武蔵坊弁慶ら一行が、今回紹介する二枚橋と鍋ころがしを通ったとされています。

kamakura13.hatenablog.com
ということで、まずは二枚橋から。

欄干に義経と弁慶が描かれています

治承4年(1180年)、源頼朝の挙兵を聞いた源義経が奥州平泉から駆けつける道中でここを通りかかった際、当時の橋が粗末であったため弁慶たちが馬も通れる橋に作りなおしたとのこと。

その橋は丸太を並べた上に土を盛ってあり、横から見ると伸し餅を二枚重ねたように見えたことから「二枚橋」と名付けられたと伝わっているようです。

そう書いてありました

通りかかった橋を立派なものに架け替えて渡る大男……個人的にはワンピースの鉄人・フランキーを思い起こしてしまいました(笑)

そして、義経一行がこの二枚橋を渡って「弘法の松」(現在の麻生区百合丘)を通ったとの伝承がありますが、その一帯は急峻な山坂であったようです。

現在は「王禅寺見晴らし公園」という小さな公園となっている場所はかつて「鍋ころがし」と呼ばれていたそうで、案内板によると、弁慶が馬とともに急な坂道を超す際、馬が足を滑らせて危うく落馬しそうになり、その際に鞍に吊るしてあった鍋の紐が切れ、鍋は断崖に落ちて谷底に消えていった……という伝承があるそうです。

そう書いてありました(2回目)

たしかにこの公園の柵から下を覗き見ると、なかなかの断崖絶壁になっています。

鍋が転がるってレベルじゃねぇぞ

この断崖絶壁が往時の姿そのものとは思いませんが、これは鍋も谷底に消えようってものですね。というか、とても馬が登れるような坂ではありません。。。

現在は「見晴らし公園」の名のとおり、遥かに富士山を拝める景色の良いスポットになっていますが、ここを訪れた日は雨上がりで雲が多く、残念ながら富士山を含む山々を見渡すことは叶いませんでした。

ザ・「梅雨の晴れ間」な空模様

ちなみに、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の影響で、この二枚橋と鍋ころがしの案内板を読んで、橋を直したり谷底に鍋を落としたりする弁慶を義経が嬉々としてイジり倒す様が容易に想像できるくらいに、私の中では源義経菅田将暉さんになっています。

アクセス

【二枚橋】
神奈川県川崎市麻生区高石3-32

小田急読売ランド前駅から徒歩約5分


【鍋ころがし(王禅寺見晴らし公園)】
神奈川県川崎市麻生区百合丘3-14-4

小田急新百合ヶ丘駅から徒歩約25分

鎌倉殿一の御家人 景時ゆかりの地「寒川」歴史探訪ツアー(高座郡寒川町)

こんにちは、よたろうです。

今回は、寒川町観光協会主催の "鎌倉殿一の御家人 景時ゆかりの地「寒川」歴史探訪ツアー" に参加した様子を紹介します。

データ

  • イベント名:鎌倉殿一の御家人 景時ゆかりの地「寒川」歴史探訪ツアー
  • 開催日:令和4年6月18日

寒川町観光協会公式WEBサイト

https://www.samukawa-kankou.jp/?p=we-page-event-entry&event=430721&cat=23156&type=event

特別な梶原ツアー

寒川神社で有名な寒川町は、鎌倉幕府御家人たちによる排斥運動で鎌倉を追われた梶原景時の所領であったことから、「梶原景時ゆかりの地」として様々なイベントを開催しています。

中でも今年に入って今回で12回目の開催となる、寒川町の観光ボランティアガイドさんたちの案内によるこの「梶原ツアー」は人気が高く、毎回定員を上回る参加申し込みがあるとのこと。

今回は昼食に「梶原景時の御膳」をいただき、さらには寒川神社の正式参拝に参加できるという「特別な梶原ツアー」とのことで、申し込んでみたところ見事に当選!(定員30人に対して93人の申し込みがあったそうです)

ということで、今回の記事はいつもの「ゆかりの地めぐり」ではなく、ツアー参加レポートとしてお送りいたします。

寒川町観光協会の皆さん、よろしくお願いします

まずは、梶原景時の屋敷跡へ。「屋敷跡」といっても建屋そのものがどこにあったかはハッキリとは分かっていませんが、この辺り一帯が東京ドーム2個分ともいわれる広い敷地であったそうです。

梶原景時館址

また、この碑のすぐ近くには梶原景時の一族郎党の墓とされる「伝 梶原七士の墓」、および能や歌舞伎でも演じられる「箙(えびら)の梅」で知られる梶原景時の長男・梶原景季レリーフがあります。

伝 梶原七士の墓

「箙の梅」のレリーフ

当ブログは「"鎌倉殿の13人"ゆかりの地をめぐるブログ」というコンセプトであるため、江戸期の「大山詣り」に関するエピソードや、昭和初期に水道が整備されたことを伝える「水道記念館」については割愛をさせていただきますが、ボランティアガイドさんたちのお話を聞きながら歩くこと約2時間あまり。いよいよ寒川神社参集殿でお昼ご飯です。

寒川神社の向かいにある参集殿

今回いただく「梶原景時の御膳」は、寒川神社参集殿の料理長が中世史の専門家による時代考証のアドバイスを経て、鮭や鮎、粟や鮑といった食材を現代風にアレンジしたものだそうです。

「梶原御膳」に舌鼓

~お品書き~

  • 塩引き鮭と蕪の葉ご飯
  • 鯛と粟麩金山寺味噌
  • 鮑の姿煮
  • 地鶏麹焼
  • けんちん汁
  • 海老の艶煮
  • 丸ごと鰯の山椒煮
  • 里芋たまり煮
  • 昆布佃煮
  • 南京と湯葉の炊き合わせ
  • 茄子の煮浸し
  • 杏子甘煮
  • 鮎煮浸し
  • 芋がら当座煮
  • 青味色々

そして、昼食後は寒川神社の本殿で正式参拝。これまでも何度か通常の八方除け祈願のご祈祷を受けたことはありますが、巫女さんたちによる剣の舞などが披露される「正式参拝」というのは初めてでした(社殿内での写真撮影は禁止のため写真はありません)。

その後、本殿の裏手にある神嶽山神苑(かんたけやましんえん)を散策して全行程を終了。朝9時に出発して、解散となったのは14時50分頃でした。

神嶽山神苑でお抹茶と生落雁をいただきました

けっこうな距離を歩いたので、日頃の運動不足もありだいぶ疲れはしましたが、とても充実した時間を過ごすことができましたよ。「鎌倉殿の13人」を見るまで鎌倉時代に対する興味も知識もありませんでしたが、こういったイベントを楽しめるようになったのは三谷幸喜さんのおかげと言えるかもしれません(笑)

御菓子処 豊月堂さん

ちなみに、散策のコースにも入っていた「豊月堂」さんという和菓子屋さんで、「景時まんじゅう」と「景時最中」をお土産に買って帰りました。

御菓子処 豊月堂さん

中村獅童さんからの直筆のお手紙が!

景時まんじゅう(上)と景時最中(下)

とても気さくなご主人で、店内に飾ってある中村獅童さんからのお手紙の写真を撮ったり、ブログに掲載させていただくことも快諾していただきました。

帰宅してからいただきましたが、お味のほうは景時まんじゅうが粒あん、最中が白あんでどちらも上品な甘さでした。寒川神社からはちょっと離れていますが、参拝の折にはぜひお立ち寄りください(ダイレクトに宣伝)。

【源義経ゆかりの地】九郎明神社(川崎市麻生区)

こんにちは、よたろうです。

今回は川崎市麻生区の九郎明神社を紹介します。

データ

  • 名称:九郎明神社
  • 祭神:源九郎判官義経
  •    伊弉那岐命(いざなぎのみこと)
  •    菅原道真
  • 訪問日:令和4年6月12日

www.kanagawa-jinja.or.jp

「黄瀬川の対面」の途上で一夜を過ごす

境内に掲げられている由緒によると、源義経駿河国の黄瀬川に陣を敷いていた源頼朝の下に駆けつける途中、この地で一夜を過ごしたとの謂れがあるそうです。

鬱蒼とした竹林に映える赤い鳥居

詫び寂びの極みといった風合いの社殿

その際、村人たちから歓待を受けた義経は謝礼として小刀と鉄扇を贈ったとのことですが……恥ずかしながら「鉄扇」というのが何だかよく分からず、ドラクエ4マーニャが装備する「てつのおうぎ」を思い浮かべてしまいました。。。

鍋いっぱいの里芋を振舞われたのでしょうか

参考までにちょっとだけ鉄扇の説明を。

鉄扇とは

鉄扇は武家社会のおり、刀を持てない場所などにおいて護身用に携帯した鉄でできた扇子です。
上司などの家に上がる場合などは刀を持って行けませんでした。

当時はたとえ上司といえども、いつ何時切りかかられるかわかりませんでしたので、自分の身をまもるために護身用として鉄扇を携帯していた人もいました。

その当時の鉄扇は、主として中の扇子部分のない鉄だけでできたものを使っていたようです。

(後略)

※ 鉄扇について | 鉄扇・扇子の扇八郎 様より引用させていただきました。

閑話休題。話を戻しましょう。

写真をご覧いただいてもお分かりかと思いますが、この九郎明神社の周囲は鬱蒼とした竹林になっています。

映え写真を狙って失敗

そこまで広くはない境内ですが、足を踏み入れると心が落ち着くというか、ベタな言い方をすると「癒しの空間」といった佇まいです。訪れたのは6月の雨上がりの日で、鳥居をくぐるまではちょっと蒸し暑くもあったんですが、青々とした竹林に囲まれた境内はほんのり涼しく、ちょっとした異世界体験でした。

自然に還ってしまいそうな苔生した狛犬

ちなみに、小田急多摩線五月台駅からここへ至る道程は住宅街の細い道になります。マップのアプリを参照しながらであれば迷うことはないとは思いますが、この看板を見落とさないようご注意ください。

もう少しあと少し...

アクセス

神奈川県川崎市麻生区古沢497

小田急多摩線 五月台駅から徒歩約10分