すべての道は鎌倉に通ず

「鎌倉殿の13人」ゆかりの地をめぐるブログ

【和田義盛ゆかりの地】和田塚(鎌倉市)

こんにちは、よたろうです。

今回は鎌倉市にある、和田塚を紹介します。

データ

  • 名称:和田塚
  • 訪問日:令和4年12月10日

www.trip-kamakura.com

北条義時に滅ぼされた和田義盛と一族を弔う塚

和田塚は、建暦3年(1213年)に勃発した和田合戦(和田義盛の乱)で敗れた和田義盛一族の戦死者を埋葬した塚として伝わっています。

石垣に囲まれた和田塚への入り口

最寄り駅はそのものズバリ「和田塚駅

なお、信濃国の小県を本拠とする御家人である泉親衝の謀反(泉親衝の乱)に和田義盛の子・義直と義重、甥の胤長が関与したとして捕縛されたことに端を発した和田合戦で、和田氏の一族がほぼ滅亡に追い込まれた由比ガ浜はここから数百mほど南に位置しています。

kamakura13.hatenablog.com

和田塚のあるこの一帯はかつて「無常堂塚」という古墳時代の墳墓で、明治期の道路工事の際に土器や埴輪の破片、さらには無数の人骨が発掘され、その中には刀を握ったままの人骨もあったといい、これらが和田合戦のときのものであろうという推測のもと「和田塚」と呼ばれるようになりました。

敷地内にはここが和田義盛とその一族を弔う地であることを示す石碑が複数ありますが、そのいずれもが明治期に建てられたものと考えられているようです。

明治期にこの一帯が整備された際に、改めて供養のために建立されたのでしょうね。

「和田一族戦没地」の石碑

和田義盛一族墓」の石碑

「和田一族之碑」の石碑

また、これらの石碑の後方には五輪塔などの石塔が所狭しと立ち並んでいますが、背面に建立者や年月日が刻まれた上記の石碑とは異なり、いつ・誰が・誰のために安置したものかは分かっていません。

小さな五輪塔・石塔がびっしりと並んでいます

保存状態はあまりよろしくないようです……

この和田塚は地元の青年会によって管理されているようですが、寺院や神社のように管理が行き届いた場所ではないため、崩壊してしまったり朽ち果ててしまったりした石塔や石仏も少なくないようです。

石仏の修繕もかなりダイナミックです

和田塚は閑静な住宅地にあり、敷地内には和田義盛やその一族を供養するためのものだけでなく、戦没者の慰霊塔や関東大震災殉死者の供養碑なども安置されており、その時代その時代で亡くなった方々を弔うための神聖な場所でもあるようですので、訪れるご予定のある方は静かにお参りをしてくださいね。

アクセス

神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-4-7
江ノ島電鉄 和田塚駅から徒歩約1分
駐車場なし

【安達盛長ゆかりの地】甘縄神明神社(鎌倉市)

こんにちは、よたろうです。

今回は鎌倉市の甘縄神明神社を紹介します。

データ

www.trip-kamakura.com

源氏ゆかりの鎌倉最古の神社

甘縄神明神社は、長谷寺鎌倉大仏高徳院)のあるエリアから少し鎌倉の中心部方面に入った、由比ガ浜を一望できる閑静な高台にあります。

長谷寺周辺の喧騒をまったく感じない佇まい

境内に掲げられた略誌によると、和銅3年(710年)に行基が創草し、豪族・染谷時忠が創建したとされており、鎌倉最古の神社といわれています。

なかなかに達筆な甘縄神明神社略誌

吾妻鏡には源頼朝が社殿を修繕したとあり、また、妻・北条政子や頼朝の次男で鎌倉幕府第三代将軍(鎌倉殿)も参拝したと記されてるなど、源氏と縁が深い由緒ある神社です。

昭和12年(1937年)に再建された拝殿

この地は源頼朝の流人時代からの側近で、鎌倉幕府第二代将軍・源頼家の宿老として十三人の合議制の一人となって幕政に参画した安達藤九郎盛長の屋敷があったと伝わっており、鳥居をくぐってすぐのところに「足達盛長邸址」の碑もありますが……近年の研究では安達盛長の邸宅はここから歩いて25分ほどのところにある扇ガ谷の無量寺跡あたりと考えられているそうです。

「安達」ではなく「足達」と刻まれています

ちなみに、この地は鎌倉幕府第五代執権・北条時頼の母で、安達盛長の嫡男・安達景盛の娘である松下禅尼の実家とも言われており、第八代執権・北条時宗の生誕の地と伝わるなど、源氏のみならず北条得宗家とも深い縁のある神社です。

境内にある「北條時宗公産湯の井」

土日ともなると江ノ電長谷駅長谷寺や大仏を訪れる観光客でごった返していますが、この甘縄神明神社の周辺は人通りも少なく落ち着いた雰囲気ですので、長谷エリアの観光で人混みに疲れた心と身体を癒してくれると思いますよ。

アクセス

神奈川県鎌倉市長谷1-12-1
江ノ島電鉄 長谷駅から徒歩約5分
駐車場なし

【泉親衡ゆかりの地】泉中央公園(横浜市泉区)

こんにちは、よたろうです。

今回は横浜市泉区にある、泉中央公園を紹介します。

データ

  • 名称:泉中央公園
  • 訪問日:令和5年1月7日

www.city.yokohama.lg.jp

謎多き「泉親衡の乱」の首謀者

相鉄線いずみ中央駅から5分ほどのところにある泉中央公園は、泉親衡(いずみちかひら)の居館があったと伝わっています。

西日が差して必要以上に神々しい画ヅラに

……と、サラッと紹介していますが、「泉親衡って誰やねん?」という方もいらっしゃるかと思われるので、簡単に紹介しますね。

泉小次郎親衝は信濃国の小県(ちいさがた)を本拠とする鎌倉幕府御家人の一人で、建暦元年(1211年)に時の執権・北条義時を打倒するべく、源頼家の遺児である千寿を擁して挙兵を計画するも、事前に露見して頓挫……この計画に加わった和田義盛の息子と甥が捕らえられたことが元で和田合戦が勃発することになります。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第40話「罠と罠」では、「多くの謎に包まれている男。突然現れ、御家人たちをそそのかし、突然消えた」とのナレーションが入り、その正体が生田斗真さん演じる源仲章という衝撃の設定なっていましたよね。

そんな泉親衡の居館があったとされるのがこの泉中央公園ですが……発掘調査で発見された土塁や空堀は時代が新しく、本当に泉親衡に関わる遺跡かどうかはよく分かっていないそうです。

公園内にある泉親衝が馬を洗ったとされる池

この泉中央公園の北西には泉親衝が道場として創建したと伝わる長福寺、守護神として祀ったと伝わる須賀神社がありますので、当地を訪れるご予定の方は合わせてお参りされることをお勧めします。

長福寺の山門前には「泉小次郎伝承地」の標柱

本堂の賽銭箱には北条の三つ鱗が

長福寺に隣接する須賀神社

なお、「泉親衝の乱」後の親衝の行方は不明で、千寿とともに現在の埼玉県川越市に落ち延びて出家し「静海」と名乗って88歳で没したと伝わっているほか、信濃国の昔話においては主人公として竜の化身とされていたりと、様々な伝承や創作に登場する謎多き人物のようです。

前述のとおり「鎌倉殿の13人」で三谷幸喜さんはその正体を源仲章とする大胆な設定にしましたが、架空の人物を劇中に登場させることはよくあれど、実在する(とされる)人を架空の人物にしてしまうというのは、泉親衝のこういう謎めいた人物像あってこそなんでしょうね。

アクセス

神奈川県横浜市泉区和泉中央南4-22
相鉄いずみ野線 いずみ中央駅から徒歩約5分
駐車場なし

【源実朝ゆかりの地】源実朝歌碑(鎌倉市)

こんにちは、よたろうです。

今回は鎌倉市にある、源実朝歌碑を紹介します。

データ

  • 名称:源実朝歌碑
  • 訪問日:令和4年12月10日

www.trip-kamakura.com

小倉百人一首に選ばれた源実朝の歌碑

国道134号線沿いの鎌倉海浜公園に、歌人としても知られている鎌倉幕府第三代将軍(鎌倉殿)・源実朝の歌碑があります。

右が歌碑。左の碑には歌が現代語で解説されています

歌碑には小倉百人一首の第93番に選ばれた実朝の歌が刻まれています。

世の中は つねにもがもな なぎさこぐ

      あまの小舟の 綱手かなしも

特徴的な形をしています

こちらの碑には現代語で歌が刻まれています

浜の漁師たちの日常の暮らしぶりを見ながら、世の中がいつまでも変わらずにあってほしい……そんな実朝の願いを読んだ歌と言われています。

特徴的な形の歌碑は、台座が船を、歌の刻まれた石碑の部分が帆を表していますが、なぜ船の形をしているかというと、かつて実朝がこの由比ガ浜で大船を建造し宋の国(当時の中国)に渡ろうとしていたことに由来しています。

焼失した東大寺の大仏の鋳造と大仏殿の再建に尽力した南宗出身の工人・陳和卿(ちんなけい)に建造を依頼したこの大船は建保5年(1217年)に完成し、由比ガ浜で進水に臨むも船は海に浮かばず、実朝の渡宋の計画は頓挫してしまいますが……この歌に込められた思いのように、平和な土地を求めて権謀術数渦巻く鎌倉を離れたかったのかもしれませんね。

現在はウインドサーフィンのメッカです

ちなみに、この辺り(鎌倉市坂ノ下)のマンホールの蓋には、代表的な源氏の家紋である笹竜胆(ささりんどう)がデザインされています。

源氏ゆかりの由緒正しいマンホールの蓋(嘘)

近隣の海岸には漁師や釣り船を生業としている方々が多く、源実朝が平和を願って歌を詠んだ風景が今でも残っているなど、由比ガ浜周辺は御所跡や鶴岡八幡宮よりも「源実朝ゆかりの地」としてより相応しい場所と言えるかもしれません。

アクセス

神奈川県鎌倉市坂ノ下26
江ノ島電鉄 長谷駅から徒歩約8分
駐車場なし(近隣に有料駐車場あり)

【北条泰時ゆかりの地】成就院(鎌倉市)

こんにちは、よたろうです。

今回は鎌倉市成就院を紹介します。

データ

www.jojuin.com

北条泰時鎌倉幕府の鎮守として創建した寺

成就院は「鎌倉七口」の極楽寺切通の途中にあり、鎌倉幕府第三代執権・北条泰時が承久元年(1219年)にかつて空海弘法大師)が諸国巡礼の折に100日間の修業を行った跡地に創建したと伝わっています。

安政3年(1856年)頃に建てられた本堂

極楽寺駅方面からも長谷駅方面からも長い石段を登ることになりますが、山門前から長谷駅方面を臨むと由比ガ浜を一望でき、ここが往時には鎌倉を守る要所であったことが偲ばれます。

山門まで辿り着いて長谷駅方面を臨むと……

由比ガ浜を眺め下す絶景が

成就院不動明王は縁結びにご利益があるそうで、本堂前の不動明王像は成就院公式で「携帯電話やスマートフォンで写真を撮って待ち受けにするとご利益がある」と謳われています。

この写真を保存して待ち受けにしてもいいですよ

一口に「縁結び」といっても、恋愛や結婚に関することのみならず、人間関係や仕事、お金など様々なご縁を結んでいただけるとのことですので、成就院を訪れた際はぜひお参りしてください。

また、成就院には文覚上人の木像が伝わっており、その姿は「日本のロダン」とも称される彫刻家・荻原碌山の作品に大きな影響を与えたと言われていて、境内にはその模像(ブロンズ像)が置かれているのですが……残念ながらその写真を撮りそびれてしまいました。。。

気になる方は「成就院 文覚上人荒行像」で画像検索して、丸みを帯びてちょっと可愛らしい像の画像をご覧になってみてください(→ こちらからご覧いただけます)。

嬉々としてこんな写真は撮ってたのに……

ちなみに、成就院は紫陽花の美しさでも有名なお寺さんでしたが、2019年に創建800年を迎えるにあたって実施された参道の修復工事の際にその大半が宮城県南三陸町に移植されたとのことで、最盛期の姿を見ることはできなくなってしまいましたが、それでもまだ50株ほど残った紫陽花が初夏の参道を彩っているそうです。

鎌倉で紫陽花といえば明月院長谷寺が有名ですが、かつて「三大紫陽花寺」の一つに数えられていたこの成就院のこと、時々でいいから……思い出してください。

アクセス

神奈川県鎌倉市極楽寺1-1-5
江ノ島電鉄 極楽寺駅から徒歩約3分
駐車場なし

【源義経・武蔵坊弁慶ゆかりの地】満福寺(鎌倉市)

こんにちは、よたろうです。

今回は鎌倉市の満福寺を紹介します。

データ

  • 名称:龍護山 医王院 満福寺
  • 宗派:真言宗大覚寺派
  • 本尊:薬師如来
  • 拝観料:200円(境内散策のみであれば志納)
  • 訪問日:令和4年12月10日

www.manpuku-ji.net

源義経が逗留し「腰越状」を書いた寺

満福寺は天平16年(744年)に行基が創建し、承安年間(1171~1175年)に高範が再建した古刹ですが……満福寺といえば何を差し置いても源義経が「腰越状」を書いたことで有名ですよね。

すぐ目の前を江ノ電が通っています

拝観料200円を納めると本堂内を見学できます

壇ノ浦の戦いで平家を討ち滅ぼし、京から鎌倉へ凱旋しようとした義経でしたが、異母兄である「鎌倉殿」源頼朝の許可なく後白河法皇から官位を受けたことや、壇ノ浦の戦い安徳天皇を自害に追い込み、かつ三種の神器の一つである宝剣を失ったことなどから頼朝の怒りを買ってしまいます。

義経が鎌倉入りを許されず、鎌倉郊外の腰越の地に留め置かれた際に、自らに叛意がないことを示すために頼朝の側近である大江広元に託した書状が、有名な「腰越状」です。

江戸時代に作られたという腰越状の写し

腰越状は弁慶の草案によるものなんですね

写真の石像のように、腰越状義経の郎党である武蔵坊弁慶が下書きをしたためたとされているようですが、弁慶ゆかりのものが数多く残されています。

弁慶の手玉石

弁慶の腰掛石

なお、弁慶が腰越状を草案すべく墨をすっているとき、草むらでコオロギがしきりに鳴いていたので「やめろ!」と叫んだところ、コオロギはぴたりと鳴きやみ境内は静まり返ったといい……なんと今日もこの境内ではコオロギが鳴かないと伝えられているそうです。

この伝承を検証しに、秋口に満福寺を訪れるのも一興かもしれませんね(笑)

また、拝観料200円を納めると本堂内を見学させていただくことができます。

終ぞ頼朝に許されることはなかった義経藤原秀衡を頼って奥州へと赴くも、頼みの綱であった秀衡が病没し、鎌倉の圧力に屈した藤原泰衡の軍勢に囲まれた衣川館で自害して果てることになりますが……そんな源義経の一生を描いた一連の鎌倉彫の襖絵は一見の価値ありですので、ぜひご覧になってください。

我が子との別れを嘆く静御前

雪の中を弁慶とともに平泉に向かう義経

ちなみに、この満福寺には「べんけい」ちゃんという猫がいます。

社務所にいたところを撮らせていただきました

あの岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」にも登場した美猫ちゃんで、なかなかのフォトジェニックですので、この子に会いに訪れるのも全然アリだと思いますよ(「べんけい」ちゃんという名前ですが女の子です)。

アクセス

神奈川県鎌倉市腰越2-4-8
江ノ島電鉄 腰越駅から徒歩約3分
駐車場あり

【源義高ゆかりの地】影隠地蔵(狭山市)

こんにちは、よたろうです。

今回は狭山市にある、影隠地蔵を紹介します。

データ

  • 名称:影隠地蔵
  • 訪問日:令和4年9月22日

www.city.sayama.saitama.jp

源義高が追っ手から身を隠したと伝わるお地蔵様

このお地蔵様が「影隠地蔵」と呼ばれているのは、清水冠者・源義高が頼朝の追っ手に追われる身になったとき、難を避けるため一時的にお地蔵様の背後にその身を隠したため、と言われています。

意外と小ぢんまりとしたお地蔵様

想像よりもだいぶ小さかったので「このお地蔵様の背後に隠れるのは無理があるんじゃ……」と思いましたが、このお地蔵様はかつては木像で、地蔵堂の中に安置されていたのだそうです。

道路の拡張によって現在の場所へ移動してきたとのことですが、過去にも近くを流れる入間川の氾濫で何度となく場所が移動しているものと考えられているそうです。

なお、石のお地蔵様になったのは明治7年(1874年)のことで、明治政府の廃仏毀釈令で木像のお地蔵様が処分されたためだそうですが、義高の悲劇を哀れんだ里人によって地蔵尊が再建されたとも言われているなど、「悲劇の武将」源義高は地元の人々に愛されているようですね。

この影隠地蔵はかつて「鎌倉街道」と呼ばれた道(現在の狭山中央通り)沿いに建っていますが、この鎌倉街道を北上すると畠山重忠にゆかりのある嵐山町深谷市秩父市へ至りますが……畠山重忠がこの辺りを通って鎌倉と武蔵を往来していたかと考えると、胸が熱くなります。

上りと下り、2本の「鎌倉街道」があったようです

ちなみに、この影隠地蔵のある奥州道交差点から北に向かっては坂になっていますが、この坂の名前を「信濃坂」と言います。

だいぶ墨跡も薄くなった「信濃坂」の標柱

信濃坂」の由来は調べてみてもハッキリとは分かりませんでしたが、ここから南に歩いて20分ほどの入間川の河原が源義高終焉の地とされていることからも、信濃源氏の武将である木曾義仲の嫡男・義高と無縁だとは考えにくいですよね。

kamakura13.hatenablog.com

まぁ、本当のところはどうあれ、こういうのは自分の中でストンと腑に落ちればよいのでは……と思ったりもします。ブログという形で「正しい情報」の発信に努めなければならない立場としては我ながらどうかと思いますが(笑)

アクセス

埼玉県狭山市柏原204-1
「奥州道」バス停から徒歩約2分
駐車場なし